テレクラ女子の日々

テレクラ女子の日々では、女子力200%でテレビ電話による20代女子の抱かれたい願望を発揮していきます

腰抜けは人気者になる

自分の体験からですが、アニメ声はめげます。私の声が低いこともあり、絶対にS役になってしまうんです。本当はイジメられたいのに・・・(涙)。テレクラのキーポイントは、なんと言っても会話方法!会話方法を磨けば、通常では手が出せないようなイケてる女性でも、えっちまで持ち込むことだって無理じゃないです。
風俗やテレクラで時々マジメぶる男性がいるようです。ハッキリ言って、それで魅了できるわけではないので、いつわりのないの自分を出すように心がけましょう。同性で自信家な人ってオトコもオンナもひんしゅくを買うものですが、性が異なれば様相が異なってきますです。却って、個性的であるなど好意的な印象で受け入れられます。
ユーザーが多いツーショットダイヤルで推薦するのは、ハニートークです。レディコミをみれば分りますが、途方もないくらいの宣伝数です。ツーショットダイヤルにおける小技ですが、何度も利用していると音声がうっとおしくなることがあります。そういう場合は、途中でも次にプッシュする番号を押してしまいましょう。そのまま進めます。

前、出会い系である子にハマって、約半年間やり取りした体験があります。それで会ったら、丸っ切りイメージと違いそれからお互いメール交換がストップしました。伝言ダイヤルならこんなことはないですよね。メールのやりとりの場合、やりとりのなかでタイムラグが生まれてしまいます。これは相手に印象付けるには大きな泣き所と言えます。
基本事項ですが、女友達にテレフォンSEXのお誘いをしてはいけません。ラッキーならば、うまくいくかもしれませんが、めちゃくちゃデカい危険を背負うことになります。
そういえば、なぜか電話になるとスポーツ自慢をするユーザーがいます。これは禁止項目のひとつです。聞いても、女の子になんのPRにもなりません。いきなり下ネタの子はテレレかどうか判断が難しいところです。素人でも電話エッチを求めているケースもあるので、ビジネスエロトークか観察する必要があります(笑)2ショットダイヤルでうまく行くには、声を誉めるのはすばらしい方法です。悪い気はしないし、誉める部位としても手堅いですね。


カテゴリー:テレクラの料金

  
Copyright © 2009 テレクラ女子の日々. All rights reserved
inserted by FC2 system